1. Top » 
  2. 雑記
検索フォーム

スマートには決まらない

 3週間ぶりにE46が戻ってきました。
 土日走らせてみましたが、アイドリングは安定。これで1年8か月にわたり続いてきたアイドリング不調がこれで本当に回復…か?
 来週も様子を見てみますが、これまでにない安定感なので期待値は高いです。

 まぁいろんな処置をしてみたものの、最終的にはECU接続端子を筆頭に色々な接続箇所を外して掃除で完了とか、酷い落ちである(笑。

 その間、代車として借りてたスマートがなかなか面白かったので、ちょっと書いてみる。

 黄色いナンバープレートの軽自動車規格な2シーター。
 横幅はともかく、全長は軽四規格をはるかに下回る短さ。たまたま強風下の高速道路に乗ったら、速度の上昇に合わせて車がまっすぐ走らなくなる。悪天候でなければ80km/h程度なら、余裕で走れるのですがね。

 にしても全長2560mm、ホイールベース1810mmは短すぎでしょ(笑。
 若干リアフェンダーも膨らんで微妙にハの字型体系のせいか、車庫入れでまっすぐ下がれない。自宅の駐車場をはじめ、とにかく白線にそって綺麗に止められなくて苦戦。
 サイズが小さくてぶつける心配はないのだけれど、自分で自分の車庫入れに絶望する。

 通常走行については、意外としっかり。
 アクセルペダルはこのクラスとしては珍しいオルガンタイプ。隣のブレーキペダルまでオルガンタイプで驚きです。

 ブレーキを踏むと最初の効きが甘い、けど踏み込むとしっかり効いてくる懐かしい感じの欧州タイプ。もうちょっと効き始めが早くても良いんじゃないかと思いますが。

 トランスミッションはいわゆるAMT。
 日本では人気のないアレですが、長期間使ってみてなるほどと思うところもあります。
 交差点で曲がっている途中、特にコーナー出口付近でシフトチェンジされると運転手的にはアクセル踏んで加速するつもりなのに加速しない、と言う困った状態になります。
 通常の加速でもトルク抜けで首が前後に振られる事が多いので、やはり日本では受けないなと改めて実感です。
 エンジンとトランスミッションの間にモーターを挟んで、シフトチェンジ中はモーターアシストで動力供給するようにしてやれば、低コストのハイブリッドパワートレインになって良い感じになるかと思うのですが、どこか実現してくれませんかね。
 トルコンが無いので、アクセルワークとダイレクトに繋がる操作感は捨てがたいので、実現してもらいたいものです。

 ハンドリングは最初、妙な感覚だなぁと思っていたらパワーステアリングじゃなくてパワフルステアリングだったのですね(笑。
 リアエンジン、リアホイールドライブでフロントの転舵輪に重量物がないので慣れてしまえばどうと言うことはない。
 むしろパワステポンプが壊れるとかの心配がないので、遠慮なくぐりぐりステアリングを回しました。
 片手でハンドル回すのも余裕です。

 実用性としては、トランクの小ささは強烈。
 フットサルに行くのにボストンバック入れたら、もう7割ぐらい埋まっちゃいました。マツダロードスターとかの方が、荷物乗せられるんじゃないの(笑。
 リアエンジンなので、積んだ荷物がほんのり暖かくなります。
 フロントエンジンでもマフラーがあるので少し暖かくなるのですが、スマートは全体が暖かくなるのでお買い物で生鮮食料品を入れたバックをトランクに積むのは、少々ためらわれます。アイスやケーキは、絶対ダメ!

 そんな感じのスマートレビューでした。

紅葉戦記

 割と週末の天候が安定していたので、紅葉ハント(カメラ)を実施。



 高野山散策。
 あちこち真っ赤でほぼピークですかね。あと、1200年祭で人多すぎ。

 つづいて奈良県下北山村、明神池。

 思ったほど紅葉してない。
 現地へ向かう途中のR169沿い、川上村あたりの方が良い感じでしたね(笑。
 同じ下北山村でもスポーツ公園の方はかなり落葉していて上手くいかないです。スポーツ公園は桜の木なので、紅葉時期自体が違っているかもしれません。

 いかんなー走行距離ばかり稼いでしまってる(笑。

座りが良い感じを目指して

 シルバーウィークとか体育の日のとかあったけど、諸事情により遠距離走行せず。
 その代りではないですが、近距離をダラダラと。

和歌山県愛宕公園より

龍穴神社

千早赤坂村

龍谷山水間寺

 花火で使えなかった新レンズをバリバリ活用。
  31㎜ × 1.53 = 47.43mm
 と言うAPS-Cサイズだとほぼ標準となる50㎜画角ですが、なかなか良いですね!
 写りが良いとか以前に、50㎜と言う画角が使いやすくてたまりません。以前から所持しているDA40mmLtdの40㎜(61.2㎜)があれだけ使いにくかったのに、ちょっとした差でえらい違いです。

 近場をうろうろしていたら、またしてもエンジン警告灯が光りました。
 工場で内容確認したら毎度変わらないエラー診断で、もう見飽きたよ(笑。
 例のアイドリング不調もエアコンを使わなくなったら再現したため、近々調査預けになりそうです。

 とりあえず、本日の判明点。
 正常アイドル中にエンジンオイルレベルゲージを引き抜くと、アイドリング不調が発生する。

E46夏の警告灯まつり

 HDD内のデータを漁っていたら、熊野大花火を最初に見に行ったのは2007年でありました、KSKです。
 今年は2015年なので9回目の参戦…になるはずが、ついに雨天順延にぶち当たりました。カレンダー的に来年の8月17日は水曜日になるので、さすがに水木を休暇にするという変則スケジュールは組みにくいので再来年ぐらいまでは参戦が難しそうです。
 せっかくカメラのレンズ、追加購入したのにっ!

 しょうがないので雨降る中、R169~R42~R311(中辺路)~R371(竜神スカイライン)と走破。
 途中、那智の滝とか見たりしました

 春の走り倒しで本宮と新宮を回ったので、1年っつーか4か月で熊野三山コンプリート。自己最短記録だけど、なんの記録だか(笑。

 この走りの帰路中、高野山を気持ちよく下っているとオイル警告灯が黄色で点灯。
 なんですとぅ!
 いったん車と止めてエンジンオフ、そしてエンジン始動すると、警告灯は再び点灯せず。一時的な問題と判断してそのまま走行再開。22:00もすぎた高野山の真ん中ではどうしようもないので慎重に走っていましたが、このまま何事もなかったかのように自宅まで自走完了。
 翌朝、駐車場でオイルレベルゲージを確認すると、MINラインの下までしかエンジンオイルが入ってません。
 E46トラブル定番のオイル漏れです。
 レベルゲージのセンサー故障って線もあり得たのですが、そちらではなかったです。

 トランクに搭載していた予備のオイル1リッターを投入して緊急対応。
 ドバドバ漏れているわけではないので、SCOTに連絡して修理予約。
 これで一安心と息をついたら今度は冷却水警告灯が点灯。マジですか。

 やはりトランクに積んでいた水をラジエターに投下。目分量で800㏄ほど入れたとこでMAX値に到達。投下時、車体下に水漏れが発生しなかったことと、1週間ほど経過しても冷却水レベルゲージは目に見える変化がありません。
 こちらは自然減少によるものっぽいですな。

 点灯する警告灯をもぐら叩きのごとく叩いて潰す。それが中古輸入車乗りの基本です。
 これを気にしなくなりだしたら、たぶん乗り換えたいの合図です(笑。

失われた蛍の光を求めて

 季節イベントである蛍オフは、今年も滞りなく行われました。
 今回は懐かしのお方と再会したり、篠山まで蛍見に行ったりてな感じです。
 雑談しながら1時間以上蛍を見ていた気がしますが、そうだとすると過去最長観察時間だったかもしれません。下手したら確認してすぐに撤収ってなことも珍しくはなかったですからねぇ。

 …ここまでは先週のあらすじ(笑。

 今年は某カメラ雑誌の特集もあったので、久しぶりに蛍撮影熱がちょびっとだけ上昇。とはいえ下準備もしていないので、今週は来年に向けて撮影ポイントの確認だけ。
 なんせ撮影対象がアレなので、準備から実行まで1年かけます。
 んなわけで和歌山県某所をチェック。

 現場につくと、予定していた駐車スペースに車がいっぱい。当方が思っていたより有名なポイントだったみたいです。
 子供が「ホタル! ホタル!」と騒いでいる方向に歩みを進めてみましたが、蛍1匹みるのに人間が10人以上観察できる素敵仕様。先週の篠山はゲップが出るくらい蛍が見れたので、えらい差です。

 だがしかし、十数年間の蛍オフで蓄積した経験と周囲の地形、そしてグーグルマップを見て県道から一本外れたルートへ移動。
 観光案内も出ているとあるポイントに近づくと、周囲の田んぼや川にはそこそこの数の蛍を発見。
 県道を遮蔽する民家や木々があるため車のヘッドライトはほとんど入ってこず、周囲に常夜灯の類もありません。来年は三脚抱えてここで撮影しようと決意したり。

 まぁ来年、都合よくこの時期の土曜夜に雨が降っていなければ、と言う条件が整わなければならないので難しいですがねぇ。

Page Top

プロフィール

KSK

Author:KSK
リンク/アンリンクフリー

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク

このブログをリンクに追加する

ユーザータグ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード