1. Top » 
  2. メンテナンス
検索フォーム

彼岸の花の咲く頃に

 夏の個人イベント、ひつまぶしツアーも無事完了して一段落。
 これもギリで車の修理が終わったからですね、たぶん。

 例の警告灯祭りの後始末記録とか。
 当初はエンジンオイル漏れ疑いでしたが、車を預けに行った日に最終チェックのためリフトアップ。
 アンダーカバーを外すと、カバーがベットリ濡れています…冷却水で(笑。

 予想とは異なり、自然減少していたのはエンジンオイルの方で漏れていたのは冷却水の方だったり。
 エンジン回りのガスケットとかは気にするほどの汚れは発生しておらず、むしろラジエター端の樹脂パーツ部分が濡れています。金属性パーツと樹脂パーツを繋いでいるパッキングがやられているようです。E46では定番のラジエター交換コースですね。
 ついでにパワステホース(高圧)とエアコンベルトがかなりヤレていたので合わせて交換。
 パワステホース(高圧)は純正を頼むと結構な金額になるので、同程度の性能を持つホースを使って現物合わせで交換。これで部品代が4割ほど圧縮。

 なに、機械なんて口金があっていればいいんだよ、とマッコイ爺さんの受け売りで生きていくタイプです。

 修理完了後は軽く周辺を走行してテスト。

 花火が流れたせいでロクに使えていなかった新レンズで、撮影。
 今年は気候がアレだったので、いつもの彼岸花定点観測所も稲が青々として寒々しいです。
 シルバーウィークはもうちょっとレンズも車も使いたいですな。

 いや、ひつまぶし喰いに名古屋まで行ったんで車は十分に使ってますがね。

Iフィールド展開

 お盆休みですっかり堕落生活中。
 とはいえだらだらしているだけではアレなので、車作業を一つ。

 作業のために通販で購入したブツがこれ。

 WAKO'S ハードコート復元キット

 箱の写真撮り忘れましたが、そこには「業務用」の3文字が燦然と輝いています。いかにも効き目がありそうです。
 添付されていたマニュアル通りの手順なので、ヘッドライト回りにマスキングテープを貼り付けます。

 先日交換したばかりのヘッドライトカバーにコート剤を塗り塗り。その後、ティッシュペーパーでふき取って完了。
 手順はやたら簡単ですが、条件として作業後12時間は水や雨がかからない用にすること、指定されています。
 なので天気予報をしっかりチェックしてから作業しましょう。
 ヒーター当ててむりやり乾かすって手段もあるのですが、ガレージとかないとできない手段。このあたりが、いかにも業務用テイストです。

 作業完了して気になる点が2つ。
 1つは実際に劣化が抑えられたかどうかが、まったく検証できないこと。駐車場に同じ車を2台並べてコート剤塗布済みと未塗布で経年劣化比較なんてできるわけないので、本当に効果があるのかはわかりません。
 一応今回の状態は新車から13年経過、と数値ははっきりしています。
 が、そもそも中古購入したE46なので以前の保管状態が不明なんで13年後の劣化状態と横比較してよいのか? って問題があります。
 まぁ13年後までE46を所持しているかどうかの方が怪しいですが(笑。

 もう1つは購入したブツの扱い。
 わずか1.5mlのコート剤ですが、まだまだたっぷり残っています、つか、ヘッドライトカバーに塗るだけなら目に見えるほど消費しません。
 新品ヘッドライトカバーにつかったので、ベース処理剤はまったくの未使用。いや~考えると、金銭コストパフォーマンスがすさまじく悪い使い方ですね。
 リアルな知人友人で、ヘッドライトカバー処理したい方がいれば、無償レンタルしますよ?

われ、開眼す(半分

 車にも厄年と言うのがありまして、昨年来からのアイドリング不調がある意味厄年的な問題と言えるかもしれません。
 本人的にはちょっと気持ち悪いぐらいのものですがね!
 もっとも実用性に問題が出てくると看過できないわけでして、最近ではエアコンの効きが悪いです。夏なのにっ!
 運転席正面、右側になるほど吹き出し口からの風がぬるくなっています。一番冷えているところはガンガンに効いているし、風量も十分出ているのでコンプレッサーやファイナルステージではなくウォーターバルブのトラブルっぽいです。
 問題は例によって、テスターにつないでもエラー表示されない事。
 面倒くさいなぁ…こういうの。次の日曜日にも工場に持ち込んで再度テスターにかけます。

 さて、本来の作業報告がこれ。

 ヘッドライトカバー交換。
 E46はカバー単体で部品が出るのが良いですね! 最近の車はカバー単体で部品がでず、ヘッドライトユニット丸ごと交換も珍しくありません。だったら黄ばんだり白濁したりするプラ製品ではなく、昔ながらのガラスをつかえよって言いたいですね~。
 ライトユニット単位だと、金額も工賃込片側だけで10諭吉もありえる世界ですからねぇ。
 そういえば以前乗っていたGolf3のヘッドライトは全然痛まなかったな~。
 あれはHELLA製Golf4ルックヘッドライト換装済みで、ガラスだったな…。やはりお金がかかったパーツは持ちも違うぜぇ。

 少なくもと先の画像のような新旧差はねーよな。
 交換後の透明感がアレすぎて、むしろ気持ち悪いレベルです。ヘッドライトバルブとか丸見えだし。ま、これが普通なんだろうけど。

 交換中、運転席側の新品カバーに傷が入っていることを確認したので部品取り直しとなったため、半分でいったん終了。
 おかげで、図らずも同時新旧比較ができた(笑。

 最初の写真のようにアップほど違いがはっきりしないけど、運転席側がくすんでいるのがわかります。
 日曜日に作業後半戦。
 エアコンのエラー、出てるといいなぁ(笑。

フォトンバッテリー

 年末からリモコンキーが不調。
 具体的には解錠は問題なく動作するものの、施錠はうまく動作しない。
 壊れたか!?
 と焦ったけどボタン押下時に点灯するキーのLEDの灯りが薄い感じがしたので、マニュアルを見て対応策を実施。

 キーを分解してボタン電池交換。
 分解中の写真はなしです。マニュアルを読んだら、交換に1分以上かかると再初期化が必要とのことなので、さっさと作業しちゃいました。
 ねじ回しであけて、CR2016のボタン電池2つ入れ替えて完了。

 交換後、すぐに動作確認したら快調に解錠、施錠できるようになって満足。
 キーが壊れたとかじゃなくてよかったよかった(笑。

100K交換

 前回から10,000㎞走行したので、オイル交換。

 ブツはいつものLIQUI MOLY 5W-40です。
 価格的には以前のGolf3時代のブツとくらべて1.3倍ぐらいになってますが、交換サイクルが5,000㎞から10,000㎞に増えたので、結果としてコストダウンに成功しています。
 さすがにこれ以上サイクルを延ばすと、精神的にも車のトラブルチェック的にも問題がありそうなので、メーカー推奨の25,000㎞交換はさすがに二の足を踏みます。

 リフトアップしたので、足回りの写真も改めて撮影。
 交換作業は車を預けていたので、じっくり見るのはこれが初めてです。前回アップした写真も、隙間にコンデジ突っ込んで撮影したし。

 BILSTEINの黄色が見えると、やはりニヤニヤしちゃいますね(笑。

Page Top

プロフィール

KSK

Author:KSK
リンク/アンリンクフリー

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク

このブログをリンクに追加する

ユーザータグ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード