1. Top » 
  2. 2015年08月
検索フォーム

E46夏の警告灯まつり

 HDD内のデータを漁っていたら、熊野大花火を最初に見に行ったのは2007年でありました、KSKです。
 今年は2015年なので9回目の参戦…になるはずが、ついに雨天順延にぶち当たりました。カレンダー的に来年の8月17日は水曜日になるので、さすがに水木を休暇にするという変則スケジュールは組みにくいので再来年ぐらいまでは参戦が難しそうです。
 せっかくカメラのレンズ、追加購入したのにっ!

 しょうがないので雨降る中、R169~R42~R311(中辺路)~R371(竜神スカイライン)と走破。
 途中、那智の滝とか見たりしました

 春の走り倒しで本宮と新宮を回ったので、1年っつーか4か月で熊野三山コンプリート。自己最短記録だけど、なんの記録だか(笑。

 この走りの帰路中、高野山を気持ちよく下っているとオイル警告灯が黄色で点灯。
 なんですとぅ!
 いったん車と止めてエンジンオフ、そしてエンジン始動すると、警告灯は再び点灯せず。一時的な問題と判断してそのまま走行再開。22:00もすぎた高野山の真ん中ではどうしようもないので慎重に走っていましたが、このまま何事もなかったかのように自宅まで自走完了。
 翌朝、駐車場でオイルレベルゲージを確認すると、MINラインの下までしかエンジンオイルが入ってません。
 E46トラブル定番のオイル漏れです。
 レベルゲージのセンサー故障って線もあり得たのですが、そちらではなかったです。

 トランクに搭載していた予備のオイル1リッターを投入して緊急対応。
 ドバドバ漏れているわけではないので、SCOTに連絡して修理予約。
 これで一安心と息をついたら今度は冷却水警告灯が点灯。マジですか。

 やはりトランクに積んでいた水をラジエターに投下。目分量で800㏄ほど入れたとこでMAX値に到達。投下時、車体下に水漏れが発生しなかったことと、1週間ほど経過しても冷却水レベルゲージは目に見える変化がありません。
 こちらは自然減少によるものっぽいですな。

 点灯する警告灯をもぐら叩きのごとく叩いて潰す。それが中古輸入車乗りの基本です。
 これを気にしなくなりだしたら、たぶん乗り換えたいの合図です(笑。
スポンサーサイト

Iフィールド展開

 お盆休みですっかり堕落生活中。
 とはいえだらだらしているだけではアレなので、車作業を一つ。

 作業のために通販で購入したブツがこれ。

 WAKO'S ハードコート復元キット

 箱の写真撮り忘れましたが、そこには「業務用」の3文字が燦然と輝いています。いかにも効き目がありそうです。
 添付されていたマニュアル通りの手順なので、ヘッドライト回りにマスキングテープを貼り付けます。

 先日交換したばかりのヘッドライトカバーにコート剤を塗り塗り。その後、ティッシュペーパーでふき取って完了。
 手順はやたら簡単ですが、条件として作業後12時間は水や雨がかからない用にすること、指定されています。
 なので天気予報をしっかりチェックしてから作業しましょう。
 ヒーター当ててむりやり乾かすって手段もあるのですが、ガレージとかないとできない手段。このあたりが、いかにも業務用テイストです。

 作業完了して気になる点が2つ。
 1つは実際に劣化が抑えられたかどうかが、まったく検証できないこと。駐車場に同じ車を2台並べてコート剤塗布済みと未塗布で経年劣化比較なんてできるわけないので、本当に効果があるのかはわかりません。
 一応今回の状態は新車から13年経過、と数値ははっきりしています。
 が、そもそも中古購入したE46なので以前の保管状態が不明なんで13年後の劣化状態と横比較してよいのか? って問題があります。
 まぁ13年後までE46を所持しているかどうかの方が怪しいですが(笑。

 もう1つは購入したブツの扱い。
 わずか1.5mlのコート剤ですが、まだまだたっぷり残っています、つか、ヘッドライトカバーに塗るだけなら目に見えるほど消費しません。
 新品ヘッドライトカバーにつかったので、ベース処理剤はまったくの未使用。いや~考えると、金銭コストパフォーマンスがすさまじく悪い使い方ですね。
 リアルな知人友人で、ヘッドライトカバー処理したい方がいれば、無償レンタルしますよ?

Page Top

プロフィール

KSK

Author:KSK
リンク/アンリンクフリー

カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク

このブログをリンクに追加する

ユーザータグ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード