1. Top » 
  2. 2014年05月
検索フォーム

ひとまず2年乗ってみました(後半

 と言うわけで後編。長文だから、きっと誰も読んでないですよね?

5.転がり精度
 設計年次や生産コストが違うのでしかたがないのですが、以外に違いを感じたのが転がり方。転がり方、なんて表現が正しいのか知らないですが(笑。
 具体的には、ギアをニュートラル(クラッチを切る)状態にした時の車の転がる距離と速度の低下具合の違い。スペック上の車体重量にしてGolf3が1140㎏、E46 318iが1360㎏と220㎏も差があるのでいったん勢いがつけば重量分車が止まりにくくなるのは当たり前の道理ですが、ロードインフォメーションを素直に受け取るとE46のほうが明らかによく転がっています。
 先の信号が赤に変わったなど、ギアを抜いて惰性で走らせると良く転がります。おかげで220㎏も重量が増えたのに燃費はGolf3時代と変わりません。

6.発動機と変速機
 車の性能を語るとき、エンジン(発動機)についてあーだこーだいう人はやたらいますが、なかなかトランスミッション(変速機)について話す人はいません。話しても、せいぜいがMTかATか、あるいはCVTといった形式ぐらいでしょうか。
 いくらエンジンの出力が高くても、前提としてトランスミッションでトルク増幅しなければ車は発進できないんですよね。E46だとMTだと1速のギア比は4.230で減速比は3.385なので、これを乗算した結果である14.31855が最終減速比となります。
 数字だを見せると難しく受け取られそうですが、先の計算の結論は「タイヤを1回転させるために、エンジンは14.31855回転している」になります。
 発進しやすい車とは低速トルクがある車になりますが、エンジン特性にトランスミッションのギア比特性が合わさってようやくパワートレインとしてどうか? って話しになるわけでして。
 じゃE46 318iは…まぁ低速トルク、ないよね(笑。普段使いのスーパーの立体駐車場を走らせると、Golf3は1速+アイドリングでスルスルと斜面を登って行ったのですが、E46はエンスト。アクセル踏まないと登ってくれないんです。以外に不便なんだよなぁ…。

7.矢のような直進
 独逸車といえばアウトバーンの国の車。なので高速での直進安定性を語られるんだけど、E46はそこんところ、大したことないよね。たまに代車で乗る6N Poloのほうが安定してるんじゃないの?
 特に横風に弱いのがE46、というかBMWの特徴。
 「2.荷重移動」でも書いたけど、重量物が先端にないので必然的に直進性が低下していると感がています。弓矢の矢だって、紙飛行機だって先端に重量があるから直進するわけですから。おまけに前後重量配分50:50にこだわってますからねぇ…。

8.暖気タイム
 さまざまな媒体で暖気の不要性が語られていますが、最新(といっても10以上年前)の車は暖気不要で助かりますね!
 Golf3、さらにその前に乗っていた6 Polo時代から暖気するぐらいなら水温計が上昇するまでゆっくり走行を行ってきましたが、E46クラスになるとそこも気にせずによいです。Golf3だと冬場は2~3㎞程度走行しないと水温計の針が動かないものですが、E46では真冬でも1㎞も走らないうちに針が上昇。冷却系の流れを状況によってコントロールしているのでしょう。
 同時に水温の下がりもゆっくりですね。走行後、駐車場に3時間程度止めたぐらいでは水温がMinレベルまで落ち切りません。オーバーヒートでもしない限り、この使用はメリットなんでしょうけどね(笑。



 ひとまずはこのぐらい?
 こんだけ書けば十分でしょって感じですかね(笑。
スポンサーサイト

ひとまず2年乗ってみました(前半

 ひとまず2年間乗ってきたBMW E46 318iですが、長年FFを乗り継いできた人間としては、やはり色々と違いを感じるものです。それはFFとFRの実体験としての違い、事前に知識として知っている内容との違い、メーカーとして、さらに言えば設計年次の違いでもあります。

1.FR≠オーバーステア
 雑誌や書籍でFFとFRの違いについて書いてある場合に、ちょいちょい見られるのがFFはアンダーステアでFRはオーバーステアという比較差。
 実際に運転してみると…弱アンダーじゃね?(笑。
 FRを所有する前から1トンを超える物体がコーナリングすれば、遠心力の影響で外に流れるのが物理法則ではないのか、って疑問を持ち続けていたわけですがね。オーバーステアになるってことはコーナリング速度が遅すぎて、タイヤのグリップ勝ちになってるだけじゃないですかねぇ。
 それとも私が理論を、根本的に間違えてる?

2.荷重移動
 一般走行だろうがスポーツ走行だろうが、車の挙動をスムーズにさせる基本は荷重移動にかかってきます。
 荷重移動を制する者は車を制するのです。
 E46に乗り換えた直後から、長らくまとわりついている違和感がこの荷重移動。BMWのほとんどビョーキなまでの前後重量配分と中央に寄せている重量物。この結果、いままで乗っていたFFとは比べ物にならないほと荷重移動が体感できませんでした。
 さすがに2年乗って鍛えられたのか、かなりわかるようになってきましたが…フロントオーバーハングにエンジンという大物が付いているFFは、良くも悪くもわかりやすいと改めて理解しました。

3.エンジンの絶対幸福圏
 BMWと言うブランドのおかげで過剰評価されていますが、所詮は2,000㏄の自然吸気発動機。トルクにして200NMにすぎません。重量÷トルクによるトルクウェイトレシオは7.15。最新ダウンサイジングを搭載する6R VW Poloの重量1,100÷175nmだと6.28.
 むろんさまざまな影響があるので単純比較できるわけではないものの、スタートダッシュ勝負すれば6R VW Poloに負けるでしょう。
 その分と言うわけではないですが、エンジンはやたら回ります。上り坂で譲られたら速やかに追い越さなくては! とがんばって2速にシフトダウンしてアクセルペダルを踏み込むと、絶対幸福圏(レブリミット)にヒット。いや、VWのエンジンでは体験できなかった経験です。

4.ホイールベース
 5ナンバー枠のCセグメントハッチバックであるGolf3から3ナンバーDセグメントセダンのE46に乗り換えて、一番運転フィーリングで気になったのはどこかと問われれば、やはり2475㎜から2725㎜と250㎜伸びたホイールベースに尽きる。4020㎜から4470㎜と、絶対的な数値でも比率的でもサイズ的にもっとも変更が発生した全長よりも、ホイールベースの違いがでかい。
 FRでハンドルが切れる、という部分もあって久しぶりに内輪差とか気にしたよ!
 そこが気になるロングホイールベースなのに、コーナーでクルクル回るのでなんじゃこりゃ(笑、となるわけですがね。



 長くなったので、続きは後半戦で。

GW走り倒し後半戦

 走り倒し後半戦はあだちさんと若狭路へ。
 集合場所は北での定番、一庫ダム駐車場なんだけど到着するとあだちさんの車が駐車場に入っておらず外で待機。なんで? との疑問は駐車場入り口のチェーンロックを見て理解。ついに24時間出入りができなくなってしまったのね。
 早朝集合場所として、一庫ダムは死んだのだ!
 新年お茶会のサンマルクカフェ同様、またしても場所を奪われてしまいました。今後の展開に期待?

 ルート的にはR173から京都r1に入り一気に大飯原発へ。
 r1があまりに快適すぎてたまりません。これなら舞鶴自動車とかいらないんじゃないの(笑。それぐらい快走路でしたが、大飯原発への分岐3差路にはガードマン3人が立ちはだかっていたので建屋すら見ることができず。無念。
 前にいった美浜のほうは、資料館とかあったので色々と見れたのに。

 とりあえずここで写真撮影。
 うっかり撮影を忘れるところだった。

 見れなかった原発を後に小浜市へ。
 小浜でお昼と言えば若狭フィッシャーマンズワーフ。ここも3回目ですね。毎度ながら行程が前倒しなのでレストランが開いていません。なのでお土産売り場の一角、買ったお寿司などをその場で食べれる所でいつも通りに和食ブランチへと突入しようとすると、驚きの客の多さ!
 まだ10:30だというのに、食事スペースは完全に埋まっています。なんでこんな時間に飯食ってんだよ(笑。
 無料のお味噌汁とお茶をあきらめて、購入したお寿司パックを手に外のテーブルベンチに移動して食べます。

 外に観光バスなどがいたわけでもないのに、なんで客が大勢いたのかわかりません。というか、この日の走り倒し休憩ポイントで一番たくさん人がいたのがここでした。他はなんか、GWとは思えない人&車のいなさっぷりでしたからね…。

 飯を食っても時間は早すぎるので、当初の予定を変更して温泉の場所を変更。近場で済ませる予定でしたが、以前にも立ち寄った「ゆうばえ」へ。
 途中、数少ない渋滞を10分ほど堪能しての移動です。
 温泉は建屋のある駐車場に入れようとしたら満杯だったので、道路を挟んだ海側の駐車場へ。中に入ると車の代数の割に人がいなくて、だけどその分ゆったり入れるのでありがたかったですがね。
 海側の駐車場と言えば、初めて「ゆうばえ」に来た時の荒天で日本海の荒波が駐車場の車に襲い掛かるシーンを思い出して良いイメージがないのですが、この日はそこまで荒れてないので大丈夫。
 いや、結構岸壁は波しぶきあったなぁ。
 釣りしている人とか居たけど、あれ大丈夫なんだろうか? 入泉後の帰路でパトカーが止まってたのが、すごく気になります。

 その後は広域農道を駆使してロクに車が走っていないルートをだらだらと走破。休憩を挟みつつ最後の某公園でカップラーメンオフ。

 男二人でカップラーメン。
 これもアウトドアの一つの形です(笑。
 そのうちサトウのごはんにレトルトカレーってのも悪くないかもしれない。アウトドアの料理と言えばバーベキューかカレーですよね。間違ってないよね!

 公園でまったりだべった後、現地解散。
 南大阪の人間からすると若狭方面は遠いという印象があるのですが、結局公園から自宅まで2時間強。つかった高速道路は阪神高速のみという下道野郎。
 ソロでも積極的に行きたくなる。
 途中で見たウナギ屋とか、蝶・気になるし(笑。

 これにてGW走り倒しは無事完了。お疲れ様でした。

Page Top

プロフィール

KSK

Author:KSK
リンク/アンリンクフリー

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク

このブログをリンクに追加する

ユーザータグ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード