1. Top » 
検索フォーム

秋の工作結果

 春に続いて秋も工作。秋と言うにはまだ暑いけど。

 なんか知らない間についていたバンバーの擦り傷。塗り塗りした結果は…範囲が広いんでこんなもんだよね。
 この手の作業は最近やってなかったんですが、理由は基本下手糞なのでやりたくないが半分で作業できガレージがないのが半分。
 特に都心部ではガレージ文化が日本にはほぼないので、車好きならガレージ付きの家は夢ですよね。

 田舎に家買うしかないか(笑。
スポンサーサイト

occulta

 なんだか良く分からないうちに盆休みが終わってしまいました。
 この期間におけるお出かけで記憶に残っているのは、道の駅併設の温泉「姫石の湯」に行ったことぐらい?

 ノーチェックで利用しましたが、日付がずれたらイベントと駄々被りになっているところでした。
 予定していないイベントと被るとか、面倒くさいだけというダメ思考人間なので助かりました。だって温泉に行ったのにイモ洗い状態とか、マジ勘弁!

 車がらみではお出かけよりもむしろ、Blogのアクセス状態です。
 なんか記憶にないぐらい足跡が残っていました。みんなオカルトが好きねぇ…。
 ちなみにオカルトの語源はラテン語で意味は「隠されたもの」なので、現代日本で通説として使われている意味とはちょっち違います。
 本来の意味で使いたいけど、つい便利で通説使いしちゃいます。

夢か現か幻か

 車のバンパーに擦り傷なんかがつくと、ステッカーチューンと称してモータースポーツ系のステッカーを貼ってなんとなくなかった事にする手法がありました。
 今でもメジャーな方法なのか、そもそもこの言葉が死語になっているかどうかはよく知りませんが。
 傷隠しとは関係なく、好きな人はステッカーとか車に貼っちゃう系の人はちょいちょい見かけます。当方はオリジナルデザインが崩れる事を極力したくないタイプなので、ステッカー一つでも随分と悩んで、結果ほとんどのケースで貼らないわけですが。

 そんな俺も最近はペタペタと車に貼り付けてます。例の3M電導性アルミテープを。

 最初の被験場所はドアミラー。
 目立つ場所に貼っても格好悪いだけなので、ここも随分と悩んだものです。ドライバー視点からはほとんど見えないのですが、隣の車からは結構丸見えなので今の内側車体側から、内側上側に張り替えようと考えています。
 で、実際の効果のほどは…なんかオーディオの音がよく聞こえるようになったというか、風切り音が少なくなったような(笑。
 バリバリのプラシーボ効果感満載ですね。

 第二の被験場所は、雑誌やネット情報でもっとも効果があるといわれているステアリングコラム。

 低速では違いが分かりませんが、50㎞/hを超えたあたりからステアリングの手応えが重くなったような印象を受けます。
 E46は独逸車のイメージとしてよく言われる矢のような直進性ってあんまりないので、安定性が増した気になりますね!

 他にも数か所ほど外装プラ系パーツに貼りましたが、プラシーボ込みで変わった気になったのは上記2か所のみ。
 アルミテープチューンの効果は静電気は溜まるけど、放電し辛い場所に貼って静電気を適宜放電。これにより静電気によって乱れたり邪魔されたりしている空力特性を正常化するって理屈だと読み取っています。
 したがって違いを体感しようとすると静電気がたまった状態(ある程度走行した状態)でアルミテープを貼れば、より違いを体感しやすくなると考察しています。
 実験してみたい人は走ってから貼り、貼った状態を堪能したらまた剥がしてノーマルをすぐに体感すると、より効果が感じられるかも?

 上記効果はあくまで個人の感想です…個人blogにそれ以上の事を求められても困るんですけどね。
 やるとすれば騒音を測定するアプリをスマートフォンとかにインストールして、騒音レベルを計測するとかですかね。暇な人、試してみてください。

紫陽花の咲くころに

 奈良吉野と言えば、どうしたって桜が有名。
 カメラ担いで撮影にお出かけする私ですが、実のところ吉野桜はあんまり挑戦したことがありません。
 …だってあの人出ってだけで萎えるじゃないですか。車の出入りも制限され、個人で攻略するにはちょっと面倒臭さが先に立ってしまうわけです。

 なのでもっぱら紅葉撮影に利用するのがメイン。夜間ライトアップもあるので紅葉狩りするには悪くはないのですが、その時間帯だと店はほぼ全て閉店の知らせ状態であり、山の秋の夜だから油断しなくてもチョー寒いのに取るべき暖は自動販売機のホット飲料のみ。
 そう考えると、あんまり条件は良くないのかもしれません。
 いや、昼間来ればよいだけの話なんですが。

 そんな吉野山の夏の風物詩、紫陽花。
 メインはケーブルカー一駅分の坂道とコンパクトで数も多いとは言えませんが、夕方になれば休日でもさして観光客がいなくなるので、撮影には悪くない条件です。


 紫陽花は街中でも比較的見かける花なので撮影対象としてはポピュラーな方?
 問題があるとすれば2つ。
 どこにピントを合わせるべきか、毎度悩むということ。丸いのもガクのやつも、いまひとつ主軸を決めきれずにボンヤリした感じでシャッターを切ってしまいます。
 そしてもう一つは、「雨」「初夏」「(撮影のため)じっとする」がセットになるので蚊に刺されることこの上ないということ。

 今回の吉野はほとんどかがいなかったので、ずいぶんと助かりました。

6月の活動報告(走り倒し系

 6月は祝日がない月です、と言うのは使い古された表現なのですが実は昨年新設された山の日が登場するまで、8月も祝日ない月でありました。
 8月は夏休みやら盆休みやらがあるので、実感として祝日なしを体感できていなかっただけなのです。
 2016年から真の祝日ない月となった6月なので、自主的に祝日を作りました(有給休暇取得。

 と言う訳で、当日の行程。スタート地点はとりあえず道の駅「しらとりの郷」を設定。目的地はサバエシティーホールで、有料道路未使用ルートとなります。

 湖西道路は初めて走りったと記憶していますが、つまらないぐらい快走路ですな。
 駆け抜けたのは午前中の早い時間帯なのですが、大阪住まいなので水面と太陽(朝日)があると違和感バリバリです。

 目的地途中で何度か撮影タイム。
 越前海岸方面では毎度お世話になっておる温泉「ゆうばえ」です。

 今回は通過するだけですが。
 そのまま北上して、道の駅「越前」でお昼ご飯。

 土地柄、やはり海鮮丼。美味しかったのですが、やはりカニとエビの殻を剥くのは一苦労。選べるお刺身定食の方がよかったかなぁ。

 道の駅から少し北に進んで呼鳥門。

 なかなか立派な巌ですが、撮影できなかった鳥糞岩のほうが見栄えは良かったかも。
 見栄えの良い部分は鳥の糞なので、微妙な気分になりますが。

 呼鳥門から東へ進路を向けて目的地の鯖江へ…ですが、手前にある剣神社は外せません。

 剣神社の神官から尾張へ流れた一族の末裔が、かの織田信長でありましてね。一部の歴史オタクには注目のスポットでしょう。
 立地条件からしても破格の規模と言っても良いのではないでしょうか。

 剣神社からさらに東へ移動して、鯖江市に到着。
 地図上の目的地であるサバエシティホテルですが、正確に言えばホテル内に入っている店舗「メゾン・ド・レトワール」がお目当て。

 縦長な専用カップのフチ一杯までつまったプリンを喰らうっ! 美味いつ!! 以外にカラメルは苦みを効かせた大人味だぞっ!!!
 大変満足しています。
 だがしかし、周囲からは平日昼間におっさんがプリン専門店で一人プリンを食べている怪しさ爆裂しまくっている絵図らでしかありません。一歩間違えれば、ただの罰ゲームです。

 ここまでの行程ですっかり夕方の良い時間が近づいていたので、踵を返して再び越前海岸へ。
 時間的にはギリギリになりましたが、なんとか夕日沈む日本海をキャッチ。

 この後すぐにお昼を取った道の駅「越前」に移動。併設されている温泉「漁火」に突入。
 太陽は水平線に消えてしまいましたが、残り日でオレンジと夜の蒼によるグラデーションを眺められる露天風呂は満足度高し。
 あんまり広くないのでハイシーズンとかに来たらえらいことになりそうな予感も若干しますが、この辺りってどれぐらい観光客が来るのだろうか?

 風呂上り以降は帰宅へ向けてGo!
 時間優先なので湖西道路から京都東I.C.まできたらあとは名神に乗っかって一気に大阪まで。
 6月の活動報告はこれにて終了。

Page Top

プロフィール

KSK

Author:KSK
リンク/アンリンクフリー

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク

このブログをリンクに追加する

ユーザータグ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード