1. Top » 
検索フォーム

秋でもさくら

 例の冷却水漏れ定期チェック。

 今週チェックすると、残量がこれぐらいでした。なのでトランクに積んでいる緊急用の水(ペットボトル水)を投下投下~。

 ひとまず300ccほど突っ込むと、水量チェックのための某が浮上して基準値まで復活。
 車検修理を目指しているけど、そうなるとひと冬超えなきゃいけないので水補給ではなくちゃんとしたクーラント水を入れないと。
 また密林で注文するか…。

 チェック完了したので、軽くドライブ。

 西吉野温泉桜の湯
 R168沿い、道の駅「吉野路大塔」のちょい北にある日帰り温泉(宿泊可。

 存在自体は前から知っていたけれども、なかなか立ち寄る機会がなかった場所です。
 R168に出ている看板のあるT字路を入っておおよそ1.7㎞ぐらい? にあるのですが、このわずかな距離が1~1.5車線の酷道険道系。慣れていないは入浴後も日が出ている時間を狙うこと推奨です。
 入泉料1,000円と奈良の山奥日帰り温泉としてはちょい高め。
 個人的相場は600~800円ぐらいな気がしますが。

 到着したのが日が沈むより少し前の時間でしたが、連休であることを考え…いや、普通に「人いね~な~」レベルの客入り。
 出入りはあったもののMAX私込み風呂場内人数は4人程度。数分レベルですが私一人になった時間帯もあったり。
 脱衣所の冷房をもうちょっと強くして欲しい、以外は特に不満がでるレベルではなかったので人出の少なさは気になります。

 2階は喫煙所や休憩室になっていてまったり出来る系の施設ですが、人いなさすぎで電気ついてなかったです。
 ごろ寝用の設備もあるので、時間をかけてゆっくりしたいところです。
 なので、つぶれない程度には繁盛してほしいです…。
スポンサーサイト

漏れるものはどうやっても漏れる

 あれから10,000㎞走ったのでオイル交換。

 今年は交換ペースが速い。
 特に走った記憶もないのに…?
 せいぜい串本とか鯖江、熱田蓬莱軒ぐらいのはずなんだが、なぜだろうか。

 そんなうちの車をチェックしていると、冷却水が結構減っていたり。しょうがないのでトランクにストックしている水を追加。
 300mlほど投入するといつもの位置まで復帰。
 またぞろウォーターポンプがやられたかとオイル交換時にチェックしてもらったが、特に問題なしとの判定。
 むしろ他のいくつかの接続部で漏れた跡が発見されて、どうやら接続部のプラパートが経年劣化でヤれてきているご様子です。
 暑い時期も過ぎて、むしろアッという間に寒いぐらいの状況なのでこのまま様子見しつつ、来年の車検で一気に交換する予定。

 プラパーツは消耗品でバリバリ交換するのが欧州車の習いなので、言ってみればタイヤ交換なんかと同じレベルのお話です。
 なぜか国産車乗りの方々は、これを故障扱いにするですよね…だから連中は「外車は故障が多い」と吹聴する。
 故障が多いんじゃなくて、消耗品扱いの幅が広いので、ここは間違ってもらいたくないです。

 …ま、金がかかるという事実は変わらんのですが、おそらく私のように20万㎞ぐらいを想定して使えば国産車も交換せざる負えなくなり、結果トータルコストはおおむね同じじゃないかと予想しております。
 誰かコスト計算してくれないかなぁ。

つまらないほど便利…なのか?

 五條北I.C.から和歌山方面へ向かうべく京阪奈道路に入ると、いつの間にか北方面の合流車線に変わっています。
 検索すると、どうやら盆明けに御所南I.C.~五條北I.C.が接続し、橿原高田から和歌山JCT(阪和自動車道)まで完全開通となっているご様子。
 当たらな道ができたならば、走らねばなるまいっ!
 と意気込んで挑戦。

 なんかしらんけど、P.Aまでできていました。
 建屋はずいぶんご立派ですが、現状は店舗も自動販売機も、ごみ箱すらも見当たらない。もしかしたらあるかもしれんけど。
 おそらくかつらぎ西I.C.のP.Aと同じく駐車場とトイレだけを先行オープンし、店舗等の施設は後付けサクサク方式と予想されます。
 つか、あれだけの建物だからなんかやるでしょ。

 この日は五條北から侵入しての御所南P.Aに寄ったのですが、かつらぎ西と違って外には出れない模様…というか、奈良側から出るか入るかしかできないっぽいです。
 おかげで五條I.C.まで移動してUターンして家に戻る、という手間がかかってしまいました。
 また、奈良側からだと五條北出口からP.Aに入れるのですが、P.Aから出ると奈良側へ向かうしかない強制Uターン仕様でもあるようです。
 なんだこの面倒くさい道路。
 土地はあるっぽいので、そのうち奈良側専用のP.Aも出来るかもしれません。

 御所南的には利用方法が限定されてあんまり便利ではないようですが、下道派としては開通によりR309やR24の渋滞が軽減されると予想しているので、そっちのほうに期待です。

制御されるということ

 子供の頃から字を書くのが苦手と言うか、お世辞にも綺麗に書けない派のKSKです。なので、PCや携帯端末の発達により文章記述がデジタル化されるのは大歓迎で受け入れました。
 おかげで手書きせざる負えない場合にデジタル辞書が必要不可欠になってしまいましたが。

 便利なものを使い頼るようになると、当人の能力が衰える。
 車ではナビゲーションシステムが最もわかりやすい事例で、ひとたびナビを使いこなす(頼りきりになる)と途端に地図が読めなくなるものです。
 当方、いまだに紙地図メインです。

 ナビは使う、使わないはまだまだ自覚的なシステムですが、自覚なしで衰えていると気づいたのがアクセルワーク…あるいはクラッチワーク。
 車に乗り始めたころはそれなりに昔ですが、さすがにキャブレター仕様の車両を保有したことはなく電子制御化されて以降のものばかりです。便利なのですが、燃調について自覚したことはほとんどありません。
 現在のE46に乗り始めて以降、このあたりのドライバー補正機能が高機能になったせいかクラッチミートのミスによるエンストが簡単に回避されるようになったわけです。

 正しくはエンストを回避、ではなくエンストを回避しようとアクセルを操作した結果、車の挙動が不安定にならなくなったと言うべきですか。
 発進時のクラッチ&アクセル操作をミスってエンストしかけた場合、回避方法の一つとしてアクセルを踏み込むってのがあります。アクセルを踏めば発生するトルクが増大して前に進もうとするわけですが、同時にはがき一枚分と表現されるタイヤ設置面積が持つグリップ力を超えれば人間の操作は全て破綻します。
 急速なアクセルONはタイヤのグリップを一気に使い切りスピンモードへ。
 こうなるとエンストは回避できても前には進まず、むしろグリップが回復するまではどっちらけな挙動になるだけ。

 E46が登場した頃の車両にはこういったパニックアクセルと言うかオーバーアクセル的な動作を受け付けると、電子制御が介入してきます。
 エンストしかける ⇒ アクセル全開 ⇒ スリップせずにトルクが立ち上がる
 動作的にはこのような振る舞いとなり、何事もなかったかのように発進します。
 便利と言えば便利なサポート機能なのかもしれませんが、坂道発進でのペダル操作が雑になることこの上ない(笑。
 アクセル全開で発進し電子制御介入を誘発させ、制御による安定発進が確立したタイミングでアクセルを抜いてギアチェンジのタイミングを計るというずぼらすぎる操作が成立してしまうのです。いや、本当に運転が下手になってる気がしますよ。
 ていうか、俺が載ってるのはMTなのATなの?

 いやはや助けられるって怖いとマジで感じるので、もっとローテクな車に乗りたいです。

PS 150,000㎞到達しました。

秋の工作結果

 春に続いて秋も工作。秋と言うにはまだ暑いけど。

 なんか知らない間についていたバンバーの擦り傷。塗り塗りした結果は…範囲が広いんでこんなもんだよね。
 この手の作業は最近やってなかったんですが、理由は基本下手糞なのでやりたくないが半分で作業できガレージがないのが半分。
 特に都心部ではガレージ文化が日本にはほぼないので、車好きならガレージ付きの家は夢ですよね。

 田舎に家買うしかないか(笑。

Page Top

プロフィール

KSK

Author:KSK
リンク/アンリンクフリー

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク

このブログをリンクに追加する

ユーザータグ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード