1. Top » 
検索フォーム

雨降って湿度高まる

 桜シーズン到来…ですが、冷えて咲かなかったり雨が降ったりとか。
 それでも撮影に挑むわたくし。
 現地までの移動中、というか到着してからも雨が結構な量が降っておりましたが、天気予報とこれまでの経験値から大丈夫だろうと車の中で半分眠りながら時の経過を待っていると、午前10時を超えると晴れ間ががが。
 俺の読み、完璧だな。

 そんなわけで奈良県下北山スポーツ公園を散策。


 開花遅れのためさくら祭りと1週間ずれの満開ですが、落ち着いて撮影できたので個人的にはありがたかったですかね。

 さて、タイミングが合えば来週も桜狩を予定。
 そちらは今週確認しに行ったら、ほとんどつぼみで咲いてなかったのでどうなることやら…。
スポンサーサイト

足音は可視化

 例年の如く、賀名生梅林で梅の監視任務を実施。
 2016年は開花時期を逃したので、今年はネットと肉眼の両方で確認しました…やりすぎ?


 温泉効果もあって世間的な知名度は月ヶ瀬村に劣るイメージがありますが、月ヶ瀬梅林10,000本や広橋梅林5,000本を超えるのが賀名生梅林20,000本です。
 R168からの急勾配な坂道を200メートルも進めば見える一目万本は圧巻で、一回ぐらいは見て損はありません。
 ここの梅を見ると春の本格的到来を体感できます。まさに春の足音…だけど、実際は聴覚ではなく視覚情報ですよね(笑。

 次は桜戦線ですねぇ。
 去年から撮影候補は上がっているけれども、天候と開花時期が一致するかどうかが問題です。

タイミングはいつもアレ

 前回エンジンオイル交換したわけですが、この時にひっそりと別の問題を発見。

 助手席側の先端部分だけ、ワイパーパーツがないんですけど(笑。
 何かのはずみでパーツが吹っ飛んだか? 自分自身のblogを検索したら2013/09/07に交換記録が出てきたので、自給自足で対応です。

 BOSCH Aerotwin MultiのAM-60AとAM-50Bを密林で購入。
 ほんとブランドが増えたせいで量販店による気軽な入手が難しくなって、困ってしまいます。

 実作業は1本10分弱ぐらい?
 作業時間のほとんどはパッケージからワイパーブレードを取り出すことに使っていますが。

 新品になったけど、雨が降らないので効果は全く体験できていません。ま、そんなもんだよね。

春来たりなば

 最高気温が10度を超える日が当たり前になりつつある今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
 暖か買くなって、ようやくネタを提供できる季節になってきました。

 てんとう虫も、やってきます。

 走り倒し系としては雪解けとともに2017年度の活動も開始となります。
 そんなわけで、いつもの工場でオイル交換。

 シーズンインに向けて、ひとまず準備完了といったところでしょうか。

 そう言えば毎年恒例の走り倒しですが、今年はホームエリア(?)の南紀方面にとの事前連絡がやってきました。あわせて「どっか観光できるところよろしく」などという振りが来たので、少し考えてみる。
 …とはいえ、南紀方面は個人的によく徘徊しているので、改めてどこかとなると結構困っちゃいますね(笑。
 軽くリストアップしてみると、

1.熊野那智大社
2.玉置神社
3.瀞ホテル
4.白崎海洋公園
5.トルコ軍艦遭難記念碑
6.鳥羽展望台
7.鬼ヶ城

 1は本宮、新宮は制覇したので那智もってことでリストアップ。問題は駐車場。たしか大門坂に無料駐車場があったと記憶していますが、ここから歩きだと高低差100mの石畳を歩く事ににに。大社そばにも駐車場はあるものの数が少ないうえに有料なので、大門坂から圧縮も方法の一つ?
 2の玉置神社は、本宮の東北(丑寅)に位置する鬼門抑え。特にこれと言って目玉はないけど、歴史は感じられるか(笑。
 3の瀞ホテルは下北山村から熊野に向かう途中、R311にスイッチせずにそのままR169を走るとたどり着く場所。ホテルと言いつつ現在は宿泊営業はしておらず、飲食のみ営業。確実に利用するなら予約推奨ですが、外から建築物を見るだけでもなかなかのものです。
 4白崎海洋公園は…まぁとりあえず書いたけど、ビミョー。観光地として悪いというわけではまったくなくて、走り倒しとしては目的地というより経由地の一つぐらいの距離になりますか。トイレ休憩もかねて真っ白な巌を見るもの悪くないかも。
 本州最南端そばになる5のトルコ軍艦遭難記念碑。いったことないので、見てみたいだけ(笑。潮岬とかほかにも見るところがあるので、それなりに楽しめるかもしれない。
 もはや紀伊半島ではなく志摩半島? の6は鳥羽展望台。展望も結構良いらしいし、パールロードも走りごたえがありそうである。
 最後の7番目は以前も立ち寄ったこともある鬼ヶ城。2回ぐらいよったきがする。初回は昭和感あふるる観光設備だったけど、今は綺麗な建物になっちゃいましたね。公式Siteを見ると、とかく通行止めになっている遊歩道が現在は全面通行可能となっているので、ちょっと気になります。

 ひとまずのリストアップはこんなもん?
 南紀以外にも、また走りに行きますよっ!

警告灯は本来の意味での警告はしてくれない

 年明けはあまりに穏やかすぎてすっかり忘れていましたが、中盤以降の冷え込みで例の凍結警告音がE46から鳴り響くようになりました。
 エンジン始動時、あるいは走行中に気温が摂氏3度以下になると発するアレです。
 警告音を聞くとようやく「冬だなぁ」と実感するものです。

 警告音は快調ですが、問題は警告灯。
 以前よりたまにぼけていたテールランプ警告灯が、12月あたりから点灯状態のほうが長くなったり。

 テールランプを確認しても当然ブレーキランプ、ポジションランプ、バックランプ、リアフォグランプのすべてが動作していることは確認済み。

 「E46 テールランプ 警告灯」で検索するとぼんぼん出てきますが、結構有名なトラブル事例であります。
 さっそくSCOTまで出かけて修理であります。

 トランクルームからテールランプ基盤を露出させて実物確認。
 黄色で囲われているのが、問題のアース線(3番。こいつの容量不足でテールランプ警告灯が点灯するらしいです。画像はありませんが、コネクタ側は熱で若干溶けていました。

 そして都合よくすぐそば(緑丸)にアース線を取り付けろと言わんばかりの出っ張りががが(笑。
 ネットでも多くの方が記載されていますが、なんでこんなにわかりやすいのやら。

 んなわけで、3番アース線を引き抜いて、緑丸の位置に接続してコネクタを介さずにアース接続。
 テールランプ周りの点灯チェック後、帰宅。
 この間、テールランプ警告灯は消灯したまま。ようやく本来の姿に戻りました。

 警告灯が本来の役割を果たす日が来るを期待しています。

Page Top

プロフィール

KSK

Author:KSK
リンク/アンリンクフリー

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク

このブログをリンクに追加する

ユーザータグ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード